スポンサーサイト

  • 2016.09.03 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    セミナーの料金〜寄付制(感動出来高制)について

    • 2011.10.19 Wednesday
    • 17:23
    『 セミナールーム光の種』では、運営主体のCreative Energy主催の
    セルフクリアリングセミナーについては寄付制(感動出来高制)しています。
    また、シータヒーリングセミナーは奨学金制度を設けています。

    シータヒーリングセミナーも寄付制としていましたが、11月11日付
    で、米国本部よりクレームが来たため、通常料金と奨学金制度での運営
    とせざるを得なくなりました。
    米国からのメールはこちらをご覧ください。
    http://hikarinotane.jugem.jp/?cid=13

    寄付制とは、セミナーやセッションの料金を任意に決めて頂く仕組みです。
    決して、量販店のディスカウントのような意味ではなく、
    参加者の方の善意によって、光のリレーションが続くことを目的としています。

    シータヒーリングでの奨学金制度を適応をご希望の方は、お申し出ください。
    受講料の一部、もしくは全額に奨学金を適応します。
    ※奨学金の適応には審査があります

    当方で行なっている料金制度はどなたにも利用いただけますが、一つだけ
    条件があります。

    それは、
    『自分にとっても他人にとっても、最も愛と敬意の
    ある行動は何か?』

    を考えた上で、お申し込み頂くことです。

    この制度の意味や当サロンの現状などについて、詳しく書いていますので、
    セミナーに参加希望の方は、必ず全てに目を通した上で、お申し込みください。


    ☆なぜ、寄付制なのか?

    理由1.
    太陽の光が無料であるように、天から与えられた智恵は無料で
    あるのが自然なこと。


    理由2.
    当サロンの目的は、ビジネスではなく、社会奉仕により光のリレーション
    を起こすこと。

    このような活動をしている目的は、「本当の自分を生きる智恵」「自己浄化の知恵」
    を皆さんと共有することで社会奉仕をしたいと考えているからです。
    ビジネスやお金儲けが第一義的な目的ではありません。
    仮に、たくさんの方がセミナーを受けてくださり、たくさんの寄付金が集まった
    場合は、経費を除いた余剰分で、皆さんが安心してセミナーを受けられるよう
    宿泊型のセミナー施設をつくる。他の有益な活動をしている社会奉仕団体に
    寄付をするなどの方法で寄付金を使用していきます。

    理由3.
    お金の価値は、全ての人に等価ではない。
    農家さんが大根1本を数ヶ月も丹精こめてつくって、1本10円でしか売れま
    せん。一方で、クリック一つで何百万円を稼げるデイトレーディングのような
    世界もあります。
    現代はお金の価値が極端に歪められてしまったため、それぞれの人にとって
    お金の価値が等価ではありません。
    ですので、寄付はお金だけでなく、その方の持っているあらゆるエネルギー
    でお支払い頂けるようにしています。
    お金では支払えなくても、お友達がたくさんいてご紹介いただける人は、
    たくさんクチコミをおこしてください。
    セミナーの感想文を書いて下さる方は、ぜひ、お願いします。
    終了された後、アシスタントをしてくださる方も歓迎しています。
    また、ものすごくたくさんのお金をお持ちの方が、セミナーによってたくさんの
    恩恵を得ることが出来たとお感じなりましたら、ぜひ、たくさんの寄付をお願い
    します。寄付には上限を設けていません。
    そのような寄付は、新たな光のリレーションを起こすための資金として使用
    します。

    理由4.
    新しい料金制度で新しいエネルギー交換と光のリレーションを起こす!
    この仕組みは、参加する全ての人が愛と善意によってエネルギー交換を
    することによって、光のリレーションを起こすことを目的としています。
    今、私にはお金がないから、人の善意を利用させてもらおう・・・。
    ということも自分にとって愛のあることでしょう。
    しかし、エネルギー交換の形はお金だけではありません。
    当方の活動をクチコミで広めていただくことや、お友達をご紹介頂くこと、
    セミナーのアシスタントをしてくださることなども、立派なエネルギー交換です。
    自分にとっても、他人にとっても最も愛のある行動、自分に出来ることは何か
    を十分に考えた上で、セミナーにご参加ください。


    ☆寄付制の起源
    寄付のことを、仏陀が活躍した北インドではダーナといいます。
    ダーナはそもそも、誰のために支払うものでしょうか?
    誰かが、自分のために何かを愛だけで提供してくれたことに対して、それを
    次に続けてもらうために自分も愛で寄付をする。そのことが、その方のカルマ
    の解消になり、光のリレーションになります。
    ダーナを支払うことは、あくまでも自分のためです。
    この活動が、本当に人の役にたつと思われた方は、光のリレーションのため、
    ご自分のためにダーナをお願いします。
    寄付の内容については、質を問いません。
    お金がある方はお金、お金はないけれど時間のある方はセミナーのアシスタント、
    セミナー資料を作るなどのボランティアでも構いません。何かの品物でも構いません。
    25世紀前の仏陀の瞑想施設でも、ダーナによって施設が運営されていました。
    ダーナについて、次のような逸話が残っています。
    ある大金持ちが瞑想施設に通い、仏陀から瞑想の手ほどきを受けていましたが、
    商売がうまく行かなくなり、一文無しになってしまいました。男はダーナをお金で
    納めることができなくなってしまいました。
    その男は、庭によく越えた腐葉土があったので、それを持っていって、瞑想施設の
    木の根元にダーナとして置いてきました。その木が大きくなり、その木陰で瞑想する
    人が快適に過ごせるように・・。
    ダーナはこのような精神で行うものだということをご理解ください。

    ※物納でのご寄付は予め必要なものかどうかお問い合わせください。

    ☆当サロンの現状とお願い

    当方のセルフクリアリングセミナーは寄付制、シータヒーリングでは奨学金制度を
    ご提供としていますが、
    私は特に私財がたくさんあって、このような活動をしている訳ではありません。

    ヒーリング業界の混沌とした状況の中で、いくらかでも愛や光に近い表現でこれらの
    技術を普及したいと考え、私財をなげうってサロンを運営しております。
    横浜の妙蓮寺にサロンを借りておりますのも、受講者さんたちの利便性と安心して
    練習できる場所を確保するためで、決して余裕があってのことではありません。

    一方で、
    ✩ご病気になり職を追われ、今すぐにでもこのような技術を学んで人生を
    立て直すきっかけを得る必要のある、逼迫した状況の方がたくさんおられます。


    ✩お金がないけれども、今すぐにヒーリングが必要なご病気の方がたくさんおられます。


    ✩西洋医学では何千万円も治療費のかかる難病を抱えた方が、最後の砦として
    ヒーリング
    を受けられるのを待っています。

    私は、そのような方たちにもセミナーやヒーリングを受ける機会をご提供したいとの
    思いで、この料金形態を導入しています。
    実際に、ご病気の方のヒーリングはボランティアや赤字で行うことも多々あります。

    当方の現状としては、寄付金を十分に頂けないと、それほど遠くない将来、
    おそらく数ヶ月以内にはサロンを閉じなければならない状況にあります。

    また、私自身の生活も成り立たなくなる状況にあります。
    何の誇張もなく、この活動は私の家族も含め、命懸けの覚悟でやっております。

    また、セミナーの品質に関しては、再受講の方にも、新たな学びがあるとおっしゃって
    いただける内容であると自負しています。
    遠くからは北海道、東北、愛知県などからもお越し頂いている方がいらっしゃいます。

    シータヒーリングの正規料金をお支払いいただける方は、ぜひ正規料金でのお支払い
    をお願いします。

    頂いた受講料で、本当に困っている方がセミナーを受講する機会を得、本当に困ってい
    る方がヒーリングを受ける機会を得ることができます。


    この仕組みを通して、本当にこの技術が必要な方に平等に届けられ、
    余裕のある方はセミナーを受講するだけで社会貢献ができる仕組みとして、
    このような形をとっています


    また、シータヒーリングに関しては、8月から寄付制で運営しておりましたが、
    当方の趣旨を単なるダンピングと解釈されたため、寄付制を停止するよう指示が
    ありました。
    すでに、8月の時点で、寄付制にしてから日本のシータヒーリングの本部である
    シータジャパンのサイトから、一方的にインストラクター登録を抹消されてしまいました。
    また2011年11月11日の時点で米国サイドから、正式に寄付制を停止するよう指示がありました。
    今のところ、ライセンスを抹消された訳ではありませんので、ライセンスの発行には
    差し支えありません。
    この件につきまして、今後米国サイドに当方の趣旨をよくご説明したいと考えております。

    この活動の趣旨にご賛同頂ける方は、ぜひ、セミナーを受講してください。
    そして、ご友人にも、ぜひこの活動のことを教えてあげてください。

    皆さんの善意に、この活動が続けられるかどうかがかかっています。

    ☆ご寄付の標準料金について〜寄付制の意味〜
    ご寄付の標準料金について、質問をお受けすることが多くありますので、
    お答えをしたいと思います。

    寄付の料金はもともと、個人の良識で決めるものだと思います。
    ですので、金額的なことは一切書かない方針でしたが、質問をお受けする
    機会が多いので、ここで考え方を整理しておきたいと思っています。

    日本では、特にこのような仕組みがありませんので、自分で値段を決めてよい
    と言われてると、何をよりどころにしていいのかわからなくなるのは当然だと
    思います。
    また、このような仕組みは、一人一人の方の、『心の中の光と闇』を浮き彫り
    にするものでもあります。

    寄付に標準料金などはそもそもありませんが、通常の正規料金を参考に
    書いてみたいと思います。

    光の種式自己浄化セミナーの正規料金 50,000円

    セフルクリアリングセミナーの中で、一部コアトランスフォーメーションという心理学の技術
    をお教えしてしますが、コアトラの正規のベーシックコースのお値段は165,000円です。
    当方ではトレーナーズトレーニングまで受講してセミナーを開催しています。
    トレーナーズトレーニングまで受講すると、受講料は100万円近くになります。
    比較的高い値段設定ですが、当方ではこれらの技術を全て正規料金で入手してこの活動
    をしていますので、ご理解も得られると思います。

    内容をご自分の目で確かめたい方は、セミナーに見学にいらしてください。
    徹底的に比べてから受講をお決めになって頂いて構いません。
    また、無料でお受けになる方にも、テキストを印刷してお渡ししています。

    これが、正規料金での値段設定です。


    そもそも、
    お金は誰のために払うのか?
    という問題があります。

    誰かが、自分のために利益になることをしてくれたお礼として、エネルギー交換として
    お金を支払うということ
    だと思います。

    正しく、エネルギーが交換されれば、それが巡り巡って、自分も他人も豊かになっていく、
    一方でエネルギーを停滞させて、誰かからエネルギーを搾取すれば、たちどころに自分
    の豊かさも減っていきます。

    これが豊かさに関する宇宙の法則です。

    欧米のお金持ちが、寄付を多くするのはこのような理由にもよります。

    私は、このような料金制度だからと言って、セミナーのクォリティーを落とすことは
    ありません。
    むしろ、品質には特に気を使っています。

    受講される方は、皆さんのエネルギー交換の形として、どのような形が自分にとっても
    他人にとっても、自分の後に受講される方にとっても、最も愛のあるあり方なのかを
    よく考えてください。

    もし、今、本当に困っていて、人の善意でセミナーを受けることができた方は、頂いた
    善意をご自分の状況が回復した後に、何らかの形で必ず誰かに返してあげてください。
    それが光のリレーションにつながります。

    一方で、本当は正規料金でセミナーを受けることができる状態にあるのに、量販店の
    特売と同じような感覚で、当方のセミナーを通常よりも安い価格で受ける方が増えると、
    本当に逼迫した状態にある方がセミナーを受けたり、ご病気の方が安価にヒーリング
    を受けることができなくなる可能性が高くなります。
    そのような感覚では、セミナーは受講しないでください。
    そもそも、自分の中の愛に忠実に行動することができない人が、ヒーリングなどの特殊
    技術を学んでも、正しい形で使うことは難しいでしょう。


    この仕組みは、人の善意が、お金という価値観を超えて光のリレーションを起こすことが
    出来るかをはかる天秤のようなものだと思います。

    この料金制度は、おそらく次世代の新しい仕組みなのだろうと個人的には考えています。

    人の善意と良識だけで、経営が成り立ち、さらに困っている人たちにもいくばくかの支援が
    可能なのかどうか?
    それを試す社会実験のようなものだと思います。

    このような状況や、考え方をよくお読み頂いて、
    ご自分の状況、価値観と立ち位置で参加の有無、寄付をどうするのか?
    をご自分の責任で決めてください。

    私は、続けられる限りどのような方でも平等に受け入れてセミナーを開催していくつもり
    でいます。


    ☆ご寄付のお願い
    セミナーのご寄付は最終日の最後の時間にお受けしています。
    寄付箱を用意していますので、現金で寄付箱に入れてください。
    物での寄付をご希望の方は、お持ちになる前に必ず、必要なものかどうか確認をとってください。
    必要ではない物をお持ち頂いても、ゴミになってしまうと意味がなくなってしまいますので。
    アシスタントなどの労働奉仕をして下さる方も、お申し出ください。

    ご寄付は随時、募集しています。
    セミナー受講後の終了者の方や、この活動にご支援頂ける方は、以下のメールアドレスから
    ご連絡の上、以下の口座にお振込頂けますようお願い致します。

    メールアドレス
    info※creative-energy.jp  ※を@に変えて送信してください。

    新生銀行
    本店
    普通 2029355
    ホソノマサヒロ


    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM